So-net無料ブログ作成
検索選択

3歳児低酸素脳症は医師の責任 津地裁が賠償命令(産経新聞)

 3歳男児が三重大病院で受けた手術後に低酸素脳症になり、4年半後に死亡したのは手術中に医師が適切な処置をしなかったのが原因として、両親が三重大に約1億2600万円の損害賠償を求めた訴訟で、津地裁(堀内照美裁判長)は28日、医師の過失を認め、約5900万円の賠償を命じた。

 判決理由で堀内裁判長は「手術中、血液の酸素濃度は安全値を下回っていたが、医師は冷却して体温を下げるなどの措置を怠った。そのため脳に酸素が不足し、低酸素脳症になった」と述べた。

 判決によると、男児は平成11年11月、三重大病院で肺動脈血管のねじれを治す手術を受けた。手術は成功したが、血液中の酸素濃度が安全値を下回っていたのに、自らの血液を薄めて使う体外循環が約2時間続けられたため、その後意識障害が表れ低酸素脳症となった。男児は16年5月、低酸素脳症が引き起こした肺炎で7歳で死亡した。

 三重大病院は「判決内容を読んだ上で対応を検討したい」としている。

【関連記事】
病院に7600万円賠償命令 手術後の安全管理不十分
県立病院の手術ミスで香川県に4千万賠償命令
心臓手術の医療ミス認定 病院側に7千万円賠償命令
芦原病院訴訟で大阪市に1億円賠償命令
患者死亡で病院の過失認定 愛知・小牧市に6千万賠償命令

ネットワークは粘菌に学べ 単細胞でも効率的な経路形成(産経新聞)
<てんかん>防止のたんぱく質を特定 日米のチームが(毎日新聞)
介護従事者の処遇の調査方法で議論―給付費分科会調査実施委(医療介護CBニュース)
<空自>国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
阿倍野で民家火災(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。